上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snowleopardに標準インストールされているRubyは1.8系なのですが、今は1.9がだいぶ主流になりつつ有ります。

MacPortsとかパッケージ管理ツール使ってインストールすると標準の/usr/bin/ruby意外に/opt/local/bin/rubyとかにインストールされたり、管理がなかなか面倒でした。

RVM(Ruby Version Manager)を使えば~/.rvm以下に統一されてインストール&コマンドでバージョン切り替えが簡単で楽になりそうということでインストール。

git-core、curlが入っているのが前提条件なのでHomebrew&Gitをインストールした環境でインストール。

Mac用パッケージ管理ツールhomebrewをインストールしました。 | iThink

ちなみにHomebrewのインストール元は時々かわるのでこちらでチェックできます。

でもってRVMのインストールはターミナルから下記のコマンド

user$ bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

そして下記コマンドで.bash_profileに環境変数を追加(ホームディレクトリにファイルが存在しない場合は作成されます)。

user$ echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.bash_profile

以上でインストールは環境。

取り合えず最新の1.9.2系と1.8.7をインストール

user$ rvm install 1.9.2
user$ rvm install 1.8.7

このままだとターミナルを落としたときに標準の設定に戻ってしまうのでデフォルトのバージョンを設定

user$ rvm 1.9.2 --default

以降とりあえずのバージョンの切り替えはuseを使う

$rvm use 1.9.2とか $rvm use 1.8.7

いやー超絶便利です!!

環境チェックしてみました。

user$ which ruby irb rake gem
~/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p180/bin/ruby
~/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p180/bin/irb
~/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p180/bin/rake
~/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p180/bin/gem

このように全てのファイルがホームディレクトリの.rvmディレクトリに集約されてます。

特定のバージョンのアンインストールも簡単。

user$ rvm remove 1.8.7

RVM手放させそうにありません。Ruby本体の管理はRVM、Rubyのライブラリ管理はGem、その他MacのパッケージはHomebrewという3本柱でいけそうです!

Enjoy your ruby life!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。