上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タムロンが昨年発売したズームレンズ タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008が小型の一眼レフカメラから中級以上機種(APS-Cサイズ)によさそうです。

私はNikonD90と純正ズームレンズ(18mm-200mm 10倍)を使用しておりますが、D90購入時にボディだけ買ってタムロン、Sigmaのズームレンズも購入検討しました。結局純正レンズを購入した理由が超音波モーターの有無です。こいつが搭載されているとオートフォーカスがスムーズ早く、さらに音が静か。欠点をいえばちと565gと重く小型のエントリーモデル一眼にはレンズが重すぎてバランスが悪いでしょう。

しかし昨年発売された タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008は超音波モーター搭載、18-270mmの15倍ズーム、手ぶれ防止、さらに450gと軽いのです!こいつは小型エントリーモデルにもバランスがよさそう。

実売価格は62800円とちと高く感じるかもしれませんが、広角から、望遠までとにかく一本で何でもこなしたい人で純正レンズにこだわらない人はおすすめの一本です。

Nikon用

Canon用

主な特徴

・脅威の15倍ズーム
・新超音波モーターPZD搭載で、ピント合わせがスムーズ
・新しい手ブレ補正機構がレンズの小型・軽量化に貢献

Gizmodo.jpにレビュー記事がのってます。

オールインワンレンズはこれだ! 手ブレ補正・静音AF・15倍ズームの全部入りレンズ「タムロン B008」レビュー : ギズモード・ジャパン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。