上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今も昔もマウスはLogicool (Logitech)を使い続けています。
インターフェイスには金をかけろといつも思っている私ですが、

発売当初にかったVX Revolutionもちょうど保証がきれたころで、とうとうだめになりそうなのでマウスをリサーチ。
最近立て続けにニューモデルをリリースしたLogicoolのですが新製品をはじめとしたLogicool製マウスのAmazonの割引率がかなりお得な感じです。

ちなみにVX Revolutionは発売当時は9,800円也

ロジクール VX レボリューション VX-R
ロジクール
発売日: 2006-09-22
価格: 6939円

最近立て続けにニューモデルをリリースしたのですが、手が小さい事もあり候補は2モデルに絞りました。

Marathon Mouse M705
現在使っているVX-Rとほぼ同じ形のマウス。VX-Rとの大きな違いはマウスレシーバーのサイズ。

送料無料で30%オフです!

VX-Rはレシーバーが大きかったのですが、本体への収納がワンタッチで便利。
M705は同社オリジナルの「Unifyingレシーバー」を採用。非常に小型なのでノートPCなどには常にさしっぱなしが基本です。
Unifyingレシーバーは1つのレシーバーで対応するワイヤレスマウス/キーボードを最大6台まで認識できます。
「省エネ世界No.1」をうたう低消費電力。単三乾電池2本で最大3年間の電池寿命を実現したという点でまさにマラソンマウス。

個人的にはVX-R本体への収納がワンタッチで便利だったのでその点はVX-Rが好み。
M705はいちいち電池カバーをあけなくてはいけないのです。
Unifyingレシーバーは非常に小さいのでPCにさしっぱなしが基本なのでしょう。

Anywhare Mouse M905
以前憧れていたVX Nanoの後継で、ガラス面でもマウスが使えるAnywhereマウス!

送料無料で40%オフです!

VX-Nanoの購入を断念した理由はホイールボタン(ホイールを押し込む動作)にあります。
ホイールボタンは昔からよく使っていたので、押し込む動作がホイールのカチカチ、スムースの切り替え動作に割り当てられているVX-Nanoは買えませんでした。当然のごとくM905も押し込み動作はホイール動作の切り替えなのです・・・。

割引率もよかったし、よくマウスを持ち歩くので、どこでも使える新しいトラッキング技術。キャリングケースがついているM905をチョイス!ホイールボタンは別のボタンに割り当てて慣れてみます!現行VX-Rは妻も使っており(2個同時に購入)、こちらも相当くたびれてきたので、まずはM905を試してみて、もう一個はM705にするか検討予定です。届くのが待ち遠しいですねー。

その他ニューモデルがリリースされたLogicoolのマウスがAmazonだと相当安いです。
1,500円以上で送料無料なのでお得です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。