上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代した衆議院選挙から1ヶ月近くがたとうとしている中で、野党となった自民党の総裁選があついです。

個人的には昔から河野太郎氏のブログは読んでおり、世襲議員が批判される中、まともな意見を持っている方だなーと感じています。

この議論の中で河野氏は
特に河野太郎氏は、森喜朗氏や町村信孝氏が彼の推薦人集めを妨害したことを実名で暴露し、「派閥の親分でありながら、小選挙区で当選されず比例代表で上がった[町村氏のような]方は、比例の議席を次の順番の若い世代に譲って頂きたい」と発言した。谷垣禎一氏の「全員野球」という方針については、「全員野球には私は反対です。あしき体質を引きずっている人はベンチに入れるべきではない」と、青木幹雄氏も名指しで批判した。
この議論の中で感じたことは、派閥という古い体制が跳梁跋扈ししている事実。
私の意見では本来『党』という単位が政治家達の意識をまとめた最小単位であると思うのですが、なぜ派閥という更に小さい単位を作ったのかが意味不明です。意見が違うなら新しい党を立ち上げて潔く離党するべきなのではないでしょうか?

起業で言えば一時期流行ったカンパニー制のような単位が派閥なのかもしれませんが、カンパニー制がいまいちうまく行かなかったのは実社会(例えばソニー)を見れば明かです。

これから野党大一党としてがんばってほしいところですが、未だに派閥という言葉がでてくることに、国民(少なくても私)は疑いの眼差しをもっています。党として何をしていきたいのか?そういった党としてもビジョンが必要であり、それを展開できる人が総裁にならないと、自民党はより崩壊していく気がします。 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。