上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず、首相がどうだとか、小泉首相がどうだといった報道ばかりの日本のメディアですが、イランの市民は自らの自由を勝ち取るために戦い、命を落としている現状があります。
テヘランで新しいデモあり。参加者3千人とも5千人とも。デモや抗議活動に関して「3人以上の集会は政府への謀反行為とみなす」と一切御法度になっている状況下の、民衆の必死の抵抗。もちろん、政府お抱えの自警団/暴力団であるバシジから、虐殺の襲撃を受けることは承知の上での決行。
米流時評より
北朝鮮のようになっている状況のイランですが、ひとつ違うことがあります。
それはインターネットに比較的開かれている国だったということ。イラン政府はインターネット規制に躍起になっていますが、もはや遅く、ネットを経由することでリアルタイムで彼らの心の叫びが伝わってきます。そしてそんな叫びを受け取った世界の人々がイランに向けてメッセージを発信しています。
正直ネットで人が亡くなっていく映像をみたときは驚き、悲しみ、恐怖といった感情が交錯してしまいました。しかしメッセージを受け取ったひとりとして目をそらさず今後もさんの記事を紹介いたします。 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。