上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも最近の報道を見ていると倫理的にかたよった報道がやたら目立ちますが、
アゴラの記事で下記のようなものがありました。
アゴラ : オーストラリアにおける「不都合な真実」の悲惨な結末 - 矢澤豊
今年の2月7日前後に、オーストラリアのヴィクトリア州で大規模な山火事(ブッシュファイア)が同時発生し、200人近くが死亡、約500人が重軽傷を負い、約2,000世帯が住まいを失うという大惨事があったのですが、この記事を執筆している矢澤豊氏の知り合いのオーストラリア人弁護士が曰く

「バカなグリーニーたち(Greenies=環境保護主義者)の責任だよ。」

以前からオーストラリアの内陸部に住む人たちは山火事対策として家屋周辺の森林を伐採することで延焼予防を施し、雨季には森林管理の目的で人工的に山火事を発生させ、枯れ草/枯れ木など燃えやすい燃焼材を人為的に処分するのが通常だった。しかし都市計画を牛耳る地方政府が、森林愛護や、山火事による二酸化炭素排気への反対を主張する環境保護団体の圧力により、このような計画的伐採や人工的山火事による予防策を禁止したという。それでもあえて住居周囲の木々を伐採した人は、刑事犯として罰金刑を科せられていた。それが今回の大惨事をきっかけに、住民が蓄積してきた知恵と経験を無視し、感情論的なエコ政策を無理強いすることにより、災害被害の悪化を招いたとして、環境保護団体に非難が集中している。

環境保護を否定するつもりはありませんが、一方的な倫理的主張による被害、暴力は反対です。
森林伐採=環境破壊=禁止と単純にかんがえるのではなく、どうしたら効率がよいか?安全か?の議論を忘れがちです。
最近大流行のエコバッグは他方から見ると、もともと石油精製時にでた残りカスを使えるようにしたエコ商品という説もありますし、ハイブリッドカーなどを作るには一般車より多量のCO2を排出しています(一説によると、すでに車生産時に排出したCO2分を償却した燃費のよい中古が一番エコという話もあります)。

いい加減インフルエンザ&マスク報道にもうんざりですが(といってもTVあまり見ないほうですが)TVから発信される一方的な情報に惑わされず、他方から情報をあつめ、多角的に情報を判断する教育が欧米諸国に比べて日本は遅れている実感があります。一方的に押し付けられるエコではなく、自分から進んで主張できるエコロジストを目指そうと思います。

関連記事&書籍
アメリカが始めた二酸化炭素排出権ビジネスの全貌、石油が枯渇するのは後何年なのか?興味ある方は必見の書籍です。
iThink - 『石油の支配者 (文春新書)』

ほんとうの環境問題
ほんとうの環境問題
posted with amazlet at 09.05.27
池田 清彦 養老 孟司
新潮社
売り上げランキング: 2925
おすすめ度の平均: 4.5
5 ほんとうは政治問題
5 論点盛りだくさん
5 環境問題の前に、まず、自分のこと。
5 環境問題を考える上で非常に参考になりました。
4 結論は出来るだけ何もしないこと

石油の支配者 (文春新書)
浜田 和幸
文藝春秋
売り上げランキング: 84929
おすすめ度の平均: 5.0
4 本書を一読すれば、誰が石油を支配しているかが、よくわかります。
5 目から鱗の一冊
5 もっと知りたくなる!
5 驚きの新説?

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)
武田 邦彦
幻冬舎
売り上げランキング: 10445
おすすめ度の平均: 3.5
2 別の偽善者を生み出していないか
5 エコに対する風潮を見直すよい本
4 真のエコロジーとは何か?真実と向き合って考えさせられる作品です。
5 人は信じたい情報のみを信じる、のではいけない
3 「リサイクルの罠」に焦点をしぼるべきだった
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。