上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.5
5 子供に遺したい一冊
5 彼の生き様が好きだから
4 最後に残したいもの
5 こんな素晴らしい本を世に送り出して下さった全ての方々に感謝
5 講壇が似合う人。


以前から購入しようと思って保留していた本『最後の授業』をとうとう買った。というのも著者であるRandy Pausch氏(元カーネギーメロン大学教授バーチャルリアリティの権威)が天寿を全うしたというニュースを見たからです。

教授は末期がんを宣告され、余命半年といわれたときに、大学で行った講義が世界中の人々が賞賛し、伝説になっている講義です。
死が迫ってきているその講義でも自らの病気に対するネガティブな言葉など一切語らず、ユーモアあふれる最高の講義を堪能できます。

死を目前にして、改宗しました。
Mac派に。


P. 204
アンディ・ファン・ダムが行った。「博士号を取りなさい。教授になるといい」
「どうして僕が?」「きみはセールスマンの才能があるから。企業に努めたらセールスマンとして働かされるだろう。どうせセールスマンになるなら、それだけの価値があるもんを売るんだ--教育をね」


講義には頻繁い"head fake"、「頭のフェイント」と訳されている言葉が出てくる。
講義の中には様々なhead fakeが埋め込まれている、教授の真のメッセージを必ず
感じることができるはずです。

子供の頃見た夢を忘れずにおっていってください。
夢を追っていくと必ずレンガの壁現れます。それを乗り越えることは必ずできる。
そういうメッセージを受け取りました。

最近教員採用に関する汚職が広がっていますが、こういった教授が出てくるアメリカの大学という環境というのがすばらしいなぁと感じます。



日本の出版元 ランダムハウス講談社のWebサイト経由でYouTubeで講義が見られます。
ぜひ皆様も見てください。 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。