上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフト、Windows Liveサービス正式版を提供開始--Pc Watchより
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1108/ms.htm--Pc Watch

正式提供が開始されたのは、写真や動画の編集・整理を行なう「Windows Liveフォトギャラリー」、メッセンジャーソフトの最新版となる「Windows Live Messenger 2008」、メールソフト「Windows Liveメール」、ブログエディター「Windows Live Writer」、イベントの企画や開催などをサポートする「Windows Liveイベント」、Windows Live Messengerのメンバーリストに追加できるロボット「Windows Live Agent」、フィルタリングソフト「Windows Live OneCare ファミリーセーフティ」。さらに、Windows Liveの各サービスを一括でインストールできる「Windows Liveおすすめパック」も正式版が公開された。

メールやメッセンジャーからなる一連のWebサービス「Windows Live」の正式版を発表した。
これは今までβ版だったLiveメッセンジャーが2008という正式バージョンになり、どうもNTT Communicationと協力して、一般電話へ電話がかけられるようになったようです。
Outlook Expressの次期バージョンWindows Live Mailはかなりいい感じのアップデートだと思います。多少レイアウトとか違って最初は迷うかもしれませんが、すぐなれる気がします。

以前はOutlook内でユーザ切り替えという手段を使うか、一つのメールボックスで複数のアカウントを管理しなくてはいけなかったため(二つのアドレスを持っていても、受け取る受信箱は一つでどちら宛てにきたかわかりずらかったのです)、ようやく複数のメールアカウントが一つのクライアントで別々に管理できるようになったみたいです。
Windows Live Mail

Hotmail、Gmailなどはアカウントとパスワードを入力するだけで、設定が完了するお手軽さです(GmailはPopをGmail側で有効にする必要があります)。

さらに迷惑メールフィルタが搭載されたので、迷惑メールに悩んでいる人にはオススメです。
受信トレイに入った迷惑メールは選択し、『迷惑メール』アイコンをクリック(自動で迷惑メールフォルダへ移動されます)。
 間違って『迷惑メール』フォルダに振り分けられてしまったメールは『迷惑メールではない』アイコンをクリックする(自動で受信トレイに戻されます)ことで学習され、振り分け精度が上がっていきます。

個人的にオススメの設定は、やはりテキスト形式がすきなので、
Altを押して、ツール->オプションをクリックし、送信タブをクリック。 そしてメール送信の形式を『テキスト形式』
あとはメール新規作成ではAltでメニューを呼び出し、表示->すべてのヘッダー(A)をクリックして、CC、BCCを表示させるという感じでしょうか。

ThunderBird
にようやくおいついたのかなーと思った次第です(当然プラグインの充実度ではまけてますが)。 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。