上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacユーザがWindowsをMacで動かすにはBootcamp、Vmware Fusion、Parallelsといくつ選択肢がありますが、BootCampはMac OSと同時に使えないので当然VmwareかParallelsなります。

ちなみに私のおすすめはVmwareです。なぜかというとエンタープライズ向けにも製品を作っており、しかも仮想化の超老舗(私は2000年位からお世話になってます)で動作も超安定だからです。

2012 08 23 2221

Mountain Lion、Windows8の正式サポート、最大40%高速化とこれはアップグレードするしかなさそうなので、買っちゃいました。

価格は通常版のVmwareFusionで$49.99。

新しくProfessionalという上位バージョンができたようです。価格はバージョン3、4ユーザであれば$49.99なので当然アップグレードです。

2012 08 23 2254

購入後は速攻でダウンロードしてインストールしました。一応12ヶ月McAfeeがついているFull版もあるのですが、McAfeeあまり好きではないので当然Lite版で容量は203MBほど。

インストール後は古いバージョンからの変換をクリックしたのですが、なぜか仮装PCを読み込めなかったのでスキップ。

2012-08-23_2345.png

スキップ後は通常どおりWindows7が上がりましたが、そのままシャットダウンして仮想マシンライブラリから仮想マシンの設定をクリックし、互換性をクリック。

そしてVmware Fusion 5 以降のバージョンに対応をクリックしました。

2012-08-23_2320.png

これでVmware Fusion5の機能、パフォーマンスをフルで使えるはず!

再度Windows7を起動した所、昨日Secure Erase & Mountain Lion再インストールの効果もあって超サクサクな感じです!Vmware Toolsは特にアップデートされていないようなのでそのままのバージョンでOKのようです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。