上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米マイクロソフト社がWindows8搭載の独自タブレット『Surfaceタブレット』を発表いたしました。

microsoft-surface-1.jpg

公式サイト Surface by Microsoft(英語)

ARMベースの for Windows RTを搭載したモデルと、インテルCore系のfor Windows 8 Proモデルが用意されるようです。

Surface for Windows RTのハードウェア仕様は

  • 10.6インチ Full HDディスプレイ
  • NVIDIA製 ARM プロセッサ
  • 32GB or 64GBのフラッシュストレージ
  • microSDスロット
  • USB2.0ポート
  • HDMI出力
  • デュアル 2x2 MIMO WiFiアンテナ
  • 厚さ9.3mm、重さ676g。背面には厚さ0.7mmの展開式スタンド
  • 画面のガラスはコーニングゴリラガラス2

一緒に発表されたTouch Cover(厚さ3mm)は磁石で張り付くどこかでみたようなヒンジ付きカバーで、マルチタッチのフルキーボード + タッチパッドとして機能するそうです。さらにキーストロークが1.5mmの実キーボード付きカバー Tyep Coverというのもあるそうです。

なんともWindowsのマイクロソフトらしいタブレットですねー。PCに近い(Intel版で言えばほぼPC)。

磁石付きカバーってどうなんでしょうか?個人的にはiPadの例のカバーも興味がなく(むしろクールでないと思ってます)、更にタブレットにキーボードは不要と感じているのであまりいらないかなぁ・・・。

Surface for Windows RT は容量32GB と 64GB の2モデル。気になる価格はARMベースのタブレットと同等ということ。PCベースといってもいいSurface for Windows 8 Pro は64GB と128GB。価格は同スペックのUltrabook程度。

タブレットはPCでないという切り替えがiPadの一つの成功要因だと思うのですが、Proのターゲットユーザがいまいちわかりません。この価格であればUltrabook買うほうがいいと思うのでもしかとすればRTがよさそうです。タブレット欲しいけどMS Officeから離れなれない人はSurface買おうぜ!みたいな感じかなと。

ちょうど今週の元Windows95,98チーフアーキテクトの中島聡さんのメルマガでアップルと本気で戦うにはハードビジネスに進出するしかないと書いてありましたがまさにそのとおりになりましたねー。WindowsのOSライセンス料は端末1台あたり10ドル前後。iPhoneの1台あたりの利益400ドル程度と比べるとやはりハード&OS両方供給が利益が大きいためiPadのシェアを奪えればかなりの利益をマイクロソフトにもたらすでしょう。

タブレットも携帯と同じくiOS vs Android vs Windowsと三つ巴になってきました。Androidは問題となってるハードウェア、バージョンの乱立化を解消できる見込みがなさそうなので、Windows陣営から出てきた純正タブレットはひとつの指針なりそうです。他メーカーもこの仕様に準じてWindows8タブレットを作ればある程度iPadのシェアを奪えそうな気はしますね!

何より消費者としては選択肢が増えることは大歓迎です!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。