上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ金融日記で有名な藤沢数希氏の著書『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方』を読了。

2006年に発売でずっと気にはなっていたのだがタイミングが合わずようやく読みました。

投資に興味ある人は必読です。特に情報商材とかの宣伝文句に心おどっちゃって数万円はらっちゃうかも~とドキドキしている人!甘い誘い文句の投資本を本屋で買った人!まずこの本を読んでから、本当にその投資を始めたいか再度検討しましょう。この本だけで数万円節約できると思います。

著者の藤沢氏は科学者から投資の道へキャリアチェンジをした経歴の持ち主。マネーというミステリアスで魅力的に見える世界をプロの立場からわかりやすく、ユーモアとファイナンス理論を交えて暴露してます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 日本人は、お金のことを知らなさすぎます。お金の世界では、世界中の秀才達がネギをしょったカモを手ぐすね引いて待ちかまえているのが現実です。家、教育、保険、投資…人生で突き当たる難問をどうしたらいいのか?現役外資系投資銀行マンの著者が、やさしく、楽しく、身もフタもなく解説します。

【目次】(「BOOK」データベースより)

  • 第1章 マネーの世界はワンダーランドだ
  • 第2章 投資とはどういうゲームなのか?
  • 第3章 株価とは何か?
  • 第4章 投資は運か実力か?
  • 第5章 現代ポートフォリオ理論のシュールな結論
  • 第6章 それでも投資したい人のために

【著者情報】(「BOOK」データベースより) 藤沢数希(フジサワカズキ) 国内の某大学理数系学科を卒業後、欧米の研究機関にて計算科学の分野で博士号を取得。世界的なジャーナルに多数の学術論文が掲載される。欧米の大学院でしばらく教鞭についた後、某外資系投資銀行にクオンツとして就職。現在、国内外のヘッジファンド等のクライアントや社内のトレーダーのために、金融工学を駆使した計量モデルの研究・開発に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ちなみに日本では投資に関する本がまさに玉石混交で、石ばかり。真面目で固くておもしろくないけど、本当に使える本は普通に5000円~10000円くらいしたりします。この本を読んで、持ち家を買うことはやはり投資ではないと再認識しました。

藤沢氏の最新刊も年末必読書になりそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


ブログランキングに参加しています。気にっていただけたらクリックお願いします。


ブログ内検索&SPONSORS

Bose OE2i audio headphones

検索&共有

その他の検索

Info.

katoiek

Author:katoiek
Live in Tokyo
Year of Birth : 1978
Luv : Trip, Snowboarding, Surfing, PC, Sleeping, Spiritual その他いろいろ

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最新記事

最近のトラックバック

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。